スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラのお手入れ

先週は雪が降ったりと、本格的な冬です(><)
寒いの苦手なのですが、つるバラの剪定・誘引作業は、バラの発育がお休みな今が最適。あ、でも若干遅いのかも・・・
寒さと戦いながら、6年間続けている保育園花壇のお手入れにいってきました。

こちらがBEFORE
PAP_0017_20130124192408.jpg

夏から伸ばしっぱなしです。台風などで枝が乱れないよう、支柱などに縛ってあるのですが、見た目はよくありません。先生方から「この枝は切っても・・」なんて何度も何度も言われたのですが、今まで知らないうちに切られてしまったこと数回、良いシュート(新枝)がお手入れに使えないと困りますので、今回は、伸ばしておくことがいかに重要かということをお話しし、見栄えには目をつぶっていただきました。
おかげで、たくさんの枝から、残すべき良枝を選択することができ、後片付けは大変ですが満足いく仕上がりになりました。
あんなにたくさんモサモサあった枝も、剪定と誘引後はこのとおり
PAP_0016_20130124192406.jpg

スッキリです。肥料もあげて、春の開花を楽しみに待ちたいと思います。
つるバラを育てるガーデナーの本当の楽しみは冬の剪定・誘引作業とも言われます。どう枝を伸ばすか、春の姿を想像しながらの作業は楽しかったです。
・・・でも、面倒くさがりで手袋せずにやったので、手が傷だらけ、血だらけで・・
帰宅後、娘にバンソウコウはってもらいました^^;

その他、取り寄せた元気なパンジーたちも植えつけて。(これは昨年中にやっておきました)
子供達にもたくさん見てもらえるといいな。
PAP_0030.jpg
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 育児

メイアンの庭

文字色先日、所沢の西武ドームで「国際バラとガーデニングショウ」が開催されましたね。
今回の目玉はなんといっても、仏メイアン社作出の「ベルサイユのバラ」。深紅の、凛としたバラが話題をよんでいました。
ベルバラ!池田理代子!アンドレーー!オスカーール!デュ・バリー夫人!?!?いやいや、やはりフェルゼンでしょう!でもロザリーも忘れないで!アントワネットも!
ベルバラはひとつの文化を作りましたよねぇぇ。メイアンは宝塚ファンの母に連れられ、3歳のころから何度もベルバラ観にいきました。懐かしいなぁ。

さてこのブログのタイトルである「メイアンの~」ですが、冒頭のバラを作出したメイアン社およびメイアン地方に由来しています。
一番のお気に入りは「ラブリーメイアン」という小ぶりのバラです。砂糖菓子のように淡い素敵なペールピンクの花をつけます。

今年のメイアンの庭も、バラが咲き始めました。少しご紹介・・

毎年、素晴らしく大輪の花を次々に咲かせてくれる人気種「ピエール・ド・ロンサール」
ピエール・ド・ロンサール

一番乗りで元気に咲き始める「サハラ’98」。ほったらかしにもかかわらず、勢いのあるシュート(若い芽)をたくさん出してくれました。このバラは咲きはじめは鮮やかなイエロー、そしてだんだんと桃色に変化していくんです。不思議ですがすごく魅力的!
サハラ’98

リビングの正面に見えるクライミングローズ「ロココ」。上品な色合いが大好きです。
ロココ

そのほか、家の脇の通路には「カクテル」がたわわに咲いています。(でもアブラムシがすごいです。。)
小ぶりの修景バラたちもつぼみがたくさん。来週あたりがピークかな??

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

そろそろガーデニング

ガーデニングを始めようと思った頃、「ガーデニングは土木(どぼく)だ」とどなたかのブログで読み、実際に始めてからその意味が非常によく分かりました。
自分の思い描く庭にするには、土を替え、耕し、穴を掘り、肥料を鋤きこみ、ならし、花壇を作り、通路を整備して、そこからようやく植物を植え始めます。
いまの家に引っ越して小さいながらも庭ができ、嬉しくて毎日スコップ片手に作業していましたが、腰はいたいわ手は荒れるわで、大変でした。そんな庭も数年たってリニューアルの時期となりました。

ベビーがお昼寝しているすきに、1時間ぐらいですが晴れた日に作業しています。
連結タイルを敷いていただけのスペースは、毎年、隙間から雑草がワサワサ生えて悩みのたね。。でしたので、タイルだけ再利用して、雑草防止シート+真砂土でメンテナンスほとんどフリーを目指します。
真夏になったら、ここでビニールプールしたいので

作業中
一回の作業で、出来てもタイル4~5枚。。下地をならすのが難しいです。
ちなみに奥のバーベキュー炉も、自分で耐火煉瓦を積みました。モルタル練るのが得意になりました。

白フェンス
クリスマスに主人にプレゼントしてもらったBOSCHの電動工具でせっせと作った白フェンスは、塗り直しせずに8年ほど持ちこたえています。塗料も探して探しまくった屋外用のものでした。
あと1部分を残して妊婦になってしまったので実はやりかけですが、なんとか今年中には!

作業おわった暁には、チェアにこしかけてノンアルコールビールを飲みたいです

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

メイアンの庭 の夏野菜たち


朝霞新座ハンドメイドイベント

☆イベント出店します☆どうぞお越しください♪
・8月22日(日) 新座ハンドメイドの雑貨市
・9月 3日(土) たいさんぼくマーケット(新狭山)
・9月11日(土) 手作り雑貨マーケット(所沢)


 
毎日暑い日が続きますが、夏はおいしい野菜がたくさんです。

メイアンの庭でも、ことし、元気な夏野菜がとれました!!
おいしそう!

5月に苗を植えた「桃太郎(普通サイズトマト)」「プチトマト」「なす」の3種類です。
世話が行き届かないだろうな・・・と思っていたので、確実に育ちそうなものばかりになってしまいましたが、バラ同様、元気に花をつけてくれ(感動)、そして気が付いたらトマトがたわわに実っていました!

昨年もトマトとナスを育てたので、連作障害を防ぐために、接木苗を選びました。
苗ははるばる長野の農家から分けてもらい、、

冷蔵庫で冷やしてたべたら、それはそれはおいしくて!!

自分で育てたもの、採れたてのものってほんとにおいしいですね~

まだまだ実ってます。楽しみです♪
かわいいミニトマトです

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

しあわせのローズガーデン

暑い日が多くなり、満開だったバラもひとまず休憩といったメイアンの庭です。

世話しなかったにも関わらず、すばらしい花をたくさん今年も見せてくれたバラたち。

いちばん乗りの、サハラ’98(京成バラ園芸作出)にはじまり、ロココ、ピエール・ド・ロンサール、レオナルド・ダヴィンチ、ラブリーメイアン、ディライト、そして保育園で育てているリバプール・エコー、イブ・ピアッチェ、サマースノー、ストロベリーアイスなどなど・・・あと5品種ぐらいありましたが歳のせいか名前がすぐ出てこない><

・・・に囲まれてしあわせな5月・6月でした。

ディズニーの映画「不思議の国のアリス」で花たちが歌うGolden Afternoonでは、花の盛りは6月、となっていますが、やはりこの地域では5月ですね。映画を見ながらそんなことを思っていました。

こちらはたわわに咲き誇るピエール・ド・ロンサール。
うっとりします

そして植えてから4年目でようやくたくさん花をつけるようになってくれた、名脇役のクレマチス。
クレマチス ブルーエンジェル

通りがかりの方に、「自宅にバラがあるが、勿体ないので枯れるまで咲かせっぱなしにしているが大丈夫か」と聞かれたことがありました。
以前にレクチャーを受けた、京成バラ園芸の鈴木満男先生によれば、8分咲きで切ってしまってよいとのこと。
それ以上咲かせておくと、他の蕾に栄養がいきにくくなり、病気の元にもなり、あまりいいことがないということで・・・
なのでメイアンは惜しまずにバッサリ切ってしまいます。
ただし、ローズヒップを作りたい、とかいう場合は別ですが。。

なので、いろいろ質問をいただくのですが、現物を見ていないので「これはこうです!」とも言い切れず。
それぞれの楽しみ方をされると良いと思います。

引き続き美しいバラたちが、道行く人たちの心を癒しますように・・・

theme : バラが好き!
genre : 趣味・実用

植物と手作り大好きです
仕事に子育てに趣味に・・・ 毎日を楽しく過ごすために奮闘中です

meilland

Author:meilland
'07年12月生まれの姫と、'12年2月生まれの王子のママです♪
仕事と子育てしながら、時間をみつけてハンドメイド。毎日を最高の思い出に!
2006年 ガーデンコーディネーター認定(同年文部科学大臣賞を受賞)

お知らせ・イベント情報
イベント参加します!

・手しごと市vol.15
 2016.4.2(土)
 11:00-15:30
 入間市産業文化センター
 
・FIKAさくらフェス
 2016.4.3(日)
 10:00-15:00
 入間市霞川の桜堤前
 FIKA(フィーカ)さん
 (リンク参照)
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ご訪問者サマ
メールフォーム
メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。